ナースライフスタイル

【インタビュー】石垣島でナースをしながらシェアハウスを経営!?起業ナースの宮本真一郎さん

ナースのためのオンラインサロン『ナースライフバランス』

ファーストイベント、【自分らしく生きるナース達のトークイベント&交流会】が

12月2日(土)19:00~開催が決定しました!

 

 

看護師って、横のつながりがなくて、
日々の業務に追われているうちに自分を見失って疲弊しがち。

もっと自分らしい看護師としての私、働き方、ナースライフを見つけませんか?

 

ということで、

 

 

いったい、どんな人が、どんな話をするのか気になりますよね?

なので、今回は登壇してくれる、宮本真一郎さんに一足早く、お話を伺がってきました。

 

 

【インタビュー】

 

西山:それでは、今日はよろしくお願いします。

まず、宮本さんは今、石垣島で看護師さんをしながらシェアハウスをされているそうですが、
どんな生活なんでしょうか?

 

宮本さん:看護師の仕事は病院勤務は週一回です。

それ以外は、シェアハウスの管理やボルダリングジムのスタッフをしています。

天候が良ければサーフィンやドローンを飛ばしたりと過ごしています。

 (釣りもしてる・・・・w)

 

 

N:なんかすごく楽しそうですね。(いいなあ。)

 

シェアハウスを経営しているそうですが、どうして石垣島なんですか?

今、石垣島にいる経緯を少し教えてください。

 

 

 

M:南の島、海の綺麗なとこで、ゲストハウス兼シェアハウスをしたかったので。

その時にちょうど見つかった物件が石垣島だっただけです。

 

一度も行ったことがありませんでしたが(笑)

 

 

N:え???
一度も行ったことないのに、決めちゃうなんて結構勇気いりますね!

 

M:思いついたらすぐに動かないと気がすまないタイプなので、僕は平気でしたね。

 

 

 

思い立ったら ダイブ!?

 

 

N:すごい。

さすがの行動力ですね。

看護師としては働きながら何か違うことをしようと思ったきっかけ何ですか??

 

M:高校卒業と同時にヘルパーしながら准看護師の免許をとり、高看と進みました。

小さい時からの夢とかではなく、家の近くに病院があるからと

何となくヘルパーで就職してから憧れた看護師の道でした。

何となく始まった看護師。

このまんまこれだけで終わっていいんだろうか?

ってずっともやもや悩んでいた感じです。・・・・

 

 

・・・・・【続きはイベントで】

 

 

 

N:最後に、今私たちのオンラインサロンでは、
激務人間関係など疲弊しがちな看護師さんが
元気になれるコミュニティを目指しています。
最後に疲弊しがちな看護師さんにアドバイスをお願いします。

 

M:看護師疲れしてる人は、逃げて違うことをしたっていいし、好きなバイトとかと半分ずつしてもいい。

 

いつでも戻ってこれるから。

 

あっ!一旦離島看護師とかでプライベート充実させながら遊ぶのもありですねー。

 

N:今日はありがとうございました。
トークイベントではここでは聞けない話が聞けるのを楽しみにしています。ありがとうございました。

 

http://for-nurse.com/events/event/2017122/

 

 

 

宮本さんがされている、シェアハウス。http://miyamotoshinichirou.com/musubu/

 

 


 

宮本真一郎
看護師14年目
主にオペ室、救急科などで勤務。
大阪出身、現在、沖縄県石垣島在住。

3年前に石垣島に移住し、回復期病院で働きながらシェアハウスを経営中

インタビュアー:西山妙子
看護師になって16年 ケアマネージャー 千葉県出身
ナースライフバランス代表
外科病棟、大学病院手術室で勤務、子育てを経て訪問看護の道へ。
「ナースがもっと自由に、面白くなるコミュニティー」をコンセプトに

看護師のためのオンラインサロン(無料)を10月に開設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です