リハビリ

【リハビリ】簡単にできる実用リハビリ③

福岡で在宅リハをしております理学療法士の岡崎です。

 

看護師の皆様、私も患者様やお客様にリハビリをしたいけど

どんなリハビリをしたらいいかわからないとお思いの方は結構多いはずです。

 

また、下肢の筋力が低下し歩行や立ち上がりなどの動作ができずに困っていらっしゃる患者様は多いものです。

そんな中2、3分でできるリハビリを紹介。本日紹介するリハビリはキッキングと言って患者様の下肢の筋力を増強させるリハビリの基本です。

 

◎「キッキング」

(目的)下肢の筋力増強を目的としたエクササイズ。

(方法)仰臥位もしくは椅坐位にて実施。徒手的に抵抗をて加え膝を曲げ伸ばししていただく。(反復回数は10~20回)

 

このキッキングも血圧や脈拍の管理を含めて実施していくのが原則ですが、毎回測定するのは時間がかかります。

脈拍などのバイタルは疲労感等の自覚症状と比例しているので、少ない回数から実施し適度な疲労感の中で行っていくのも良いかと思います。

 

私はこのキッキングをほとんどの方に実施しております。

起立や歩行前の準備体操としてもちょうどいいですし、何よりも手軽に出来る事が最大の利点でしょう。

体調が悪くて歩行ができないって方もキッキングならできるという方もいます。こちら側の徒手抵抗も調整できますので臨機応変に対応できますね。

 

(付け加え)

このキッキングを行う時の声掛けについてです。

「さあ○○さん、私の手を蹴ってみますよーーー!」

「イイですかーー!力入れてくださいねえーーー!」

「せーーーの、いーーーち、にーーーーい、さーーーーん」

これで行ってみましょう!

こちら側が元気を出せば出すほど患者様は力を出してくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です