予防医療

【予防医療】糖尿病を理解しよう!看護ケアに活かそう!②まずは基本中の基本から

前回、糖尿病に関して問題提起したわけですが、

まずは、
本当に基本的なことから
糖尿病について説明致します。

糖尿病とは
膵臓からでるインスリンというホルモンの分泌が減ったり効きが悪くなる病気です。
そのせいで、エネルギー源であるブドウ糖(血糖=グルコース)を体の中でうまく利用できなくなってしまいます。
結果、その利用されない血糖が血中に溜まる高血糖状態が続き、重い合併症や感染症を引き起こしてしまいます。

前回、この厄介な糖尿病が予備軍を含めると、
国内で2000万人以上、5人に1人という状況を説明しましたが、
実は世界的な問題となっており、世界規模で増え続けております。

国連もこの問題を取り上げ、
糖尿病の予防・啓発の活動を続けております。
WHOではなく国連が動いているということからも、深刻さが伝わりますね!

代表的なものが、
2006年の12月に採択した
「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」で、
11月14日を「世界糖尿病デー」に指定しました。

この日は国連、および主要国で様々なイベントが実施されます。
有名なのが、世界各国の著名な建築物をブルーにライトアップして、街頭での啓発活動を実施しています。
日本でも東京タワーをブルーにライトアップしました。
ちなみにこの11月14日は、糖尿病の治療に使用されるインスリンを発見した一人である、フレデリック・バンティングの誕生日になります。

また、国内の話に戻りますが、
豆知識として、
記録に残る日本最古の有名人が、
「藤原道長」と言われています。
また、三英傑とも呼ばれた「織田信長」もそうだったのではないか?
と言われているらしいですよ。

 

それでは、この糖尿病について、
看護ケアーに活かす為
「食事」「運動」「薬物」の観点から述べたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です