そもそも、なんで看護師になったのか。

【ナースライフスタイル】

 

質問です!

皆さんはなぜ看護師になったのでしょうか?

 

 

・給料がいいから

・国家資格だから

・求人に困らないから

・女性の仕事の中でも、認知が高いから

・自立できるから

・モテるから

・家族が病気になって看護師さんによくしてもらったので、自分のそうなりたいから

・家族を亡くした時、家族は救えなかったけど他の人を救いたいと思ったから

・ありがとうと言われる仕事がしたいから

・おじいちゃん、おばあちゃんが好きだから

・医療に興味があるから

・医者にはなれなかったから

・人の役に立ちたいから

・病気の苦しみを少しでも軽くしてあげたいから

など

 

たくさんの想いがあったはずです。

 

私の場合は、

医学というか、生物が好きで体の仕組みに興味があったので、
子供の頃の夢でもあった看護師になるか医師になるかを考えた時、家が貧乏だったので、
医学部には絶対いけないと思い込み、看護師を選びました。
人と関わるのが好きだったってこともあります。
もちろん、家が貧乏だったので給料も良くて、自立したいって思いもありました。

なんとなく誰かの役に立ちたいって思いもありました。

 

 

実際に看護学校に入学して、勉強を始めると、

解剖生理につまずき、赤点をとったり。。。

病気の勉強だったり、ナイチンゲールの覚書から始まり、看護の考え方、アセスメント、実際のケアの方法などなど、保健衛生の話、たくさんのことを勉強しました。

 

単位の中に人間関係論という合宿があって、1年生の初めと3年生の終わりに行う宿泊学習でした。

いろんなワークを通してお互いを信頼する基礎を築くような内容だったと思います。

自分が信頼していないと、信頼してもらえないとか

どうやって話をしたら聞いてもらえるかなど様々な経験を通して学びました。

実習とや演習を通して、人と人の関わりや関係性などに興味が移りました。

実習などでやる関連図やコミュニケーションの振り返りなどいかに自分の未熟さを思い知らさせました。

 

やがて看護師の憧れは、看護学校の実習や勉強と通して抱くようになりました。

 

・患者さんの思いを受け止められる看護師になりたい。

・痛みを共感できる看護師でありたい。

・信頼関係をしっかり築けるよになりたい。

・優しく、笑顔で接したい。

・苦痛を取り除いたりリスクを回避できるケアプランを立てたい。

 

などの思いとともに憧れ、「こんな看護師になりたい」という思いが湧いてきました。

 

今思えば、いい言葉ばかりを並べただけな気がします。

 

「いい看護師になりたい」

 

この思いが卒業して就職すると実際の業務とのギャップを感じさせました。

実際に働いてみると・・・

 

・患者さんの思いを受け止められる看護師になりたい。

 

「患者さんの思いを聞く時間が圧倒的に少ない」

 

外科病棟にいたので、今はそんな処置はないでしょうが、
剃毛という術前処置がありますが唯一、ゆっくり患者さんと話ができる時間だったと思いました。
だって、黙ってシモの毛を剃るなんてお互い苦痛でしかありませんからw

 

 

・痛みを共感できる看護師でありたい。

これに関しては、様々な勉強会や疼痛管理を行っていく中で、欠かせないことでした。

特にがん看護の中では、全人的な痛みというとてつもない大きな痛みを受け止めなくてはなりません。

「痛くないですか?」ではなく「痛みはどうですか?」と質問することで話を聞き出したり。

これに関しては◯

 

 

・信頼関係をしっかり築けるよになりたい。

「一体どこで信頼関係を築くけばいいか。ちっともわからない。できない」

 

点滴や、採血、オムツ交換、環境整備、入浴介助、全身清拭・・・

とにかくケアする内容が多すぎる。

一体どこで信頼関係を築くけばいいか。

これに関して入職したての私にとっては一切わからないでいました。

とにかく、怒られないように、先輩に認めてもらえるように、真似をしてケアすることが第一です。

結果、きちんとケアできると信頼関係につながっていくのですがw

 

当時の私にははっきり言って、こなす。こなす。こなす。だけのケアでした。涙

 

 

・優しく、笑顔で接したい。

「疲れる、きつい、早く帰りたい」

の思いを隠して笑顔を作る。至難の技ですよね。

でも新卒の時、
家に帰って鏡の前で笑顔の練習をしていたことを覚えています。

健気な私。

 

・苦痛を取り除いたりリスクを回避できるケアプランを立てたい。

「看護計画ってなんだ???」

 

これは勉強してこなかったのではなく、

業務の中にどこに看護計画があって、どうしているのか、考える余裕がありませんでした。

根拠があっての看護ケアですが、

はっきり言ってこなすだけではこんなことを感がる余裕がないのです。

 

そんな中、1ヶ月が過ぎ、給料をもらいました。

「22万・・・」

これって、高い?安い??

 

となるのでした。