在宅看護

看護に役立つ、活かす!介護保険制度

【看護に役立つ、活かす!介護保険制度】

 

 

現在、2025年問題を目の前にして、超高齢者社会は始まっています。

医療費の増大などで病棟の閉鎖、再編に伴い、

在宅療養、在宅看取りへの移行が言われるようなっています。

実際に病床再編は始まっており、

病院では在宅復帰率のノルマもあります。

そこで、在宅療養を支える訪問看護師、

また、病院で退院支援を行なっている在宅療養支援看護師さん、

病棟の看護師さんでも退院支援加算を算定するために

在宅療養をイメージすることが必須です。

 

まずはそのためのに介護保険制度を一緒に勉強しながら

看護に活かしていきましょう。

 

 

 

《めあて》
①介護保険制度における訪問看護の重要性を理解する。

②退院時の支援の際に退院後の生活のイメージを持てる。

③ケアマネージャーさんとの関係、他職種の連携を意識したケアを考えられる

 

 

ここを意識して、少しずつ情報を載せていきます。

あなたも在宅医療移行支援のスペシャルNsを一緒に目指しませんか?

 

 目次
1、介護保険制度って何?(概要)

2、どんなサービスがあるの?(サービスの内容)

3、介護保険での訪問看護

4、医療保険での訪問看護

5、どんな視点で関わる。利用者さんの24時間の生活を見ていますか?

6、担当者会議に喜んで参加しよう。

7、地域包括ケアシステムにおける看護師の役割(これからの期待)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です