【予防医療】糖尿病を理解しよう!看護ケアに活かそう!⑧危険な合併症について「②動脈硬化」「③感染症」

投稿日:

前回、糖尿病が引き起こす危険な合併症の一つである「神経障害」の説明をさせて頂きました。

今回は、同じく危険な合併症といわれる、「動脈硬化」、そして、「その他の感染症」について説明させて頂ければ、と思います。

「動脈硬化」とは、動脈の内側の壁に脂肪やコレステロールがたまり、それによって血管が詰まってしまい、脳梗塞や心筋梗塞という病気にもつながるものです。

糖尿病を発症している人はこの動脈硬化を促進することがあるので、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性が高まってしまいます。

また、糖尿病までいかなくとも、糖尿病のいわゆる予備軍の段階からこの動脈硬化が促進されているともいわれています。

また、厄介なのが、前回説明した神経障害を合併していると痛み等感じないので発見が遅れてしまうことがありますので要注意です。

動脈硬化によって血流が悪くなると、少しの傷でも生みやすくなり、壊疽へと発展させてしまうこともあるのでこちらも要注意です。

次に、糖尿病が引き起こす、様々な「その他の感染症」について説明致します。

糖尿病を発症すると、身体の抵抗力が弱まる為、ウイルスに感染しやすくなります。

さらに、発症すると、悪化しやすいということもあり、より注意が必要となります。

また、感染症にかかると、インスリンの働きを阻止するホルモンが分泌されることがあるので、さらに高血糖状態が続き、糖尿病を悪化させてしまうという悪循環が生まれてしまいます。

以上、前回のものも合わせ、三つの観点から、

糖尿病の引き起こす危険な合併症について説明致しました。

【趣味】仕事と両立★ランニングのすすめ★⑥故障に気を付けよう

投稿日:

前回、一言でいうと
フォーム改善そこまで考えなくてよいよ!
という話をしましたが、いかがでしょうか!?

意識しなくてもよいということで、
気持ちリラックスして走れるようになったりしてませんか!?
楽しんでいきましょう!

まだ暖かい季節なので
そこまで心配にはなりませんが、
足を痛めてしまう「故障」はこわいですね、、

筋肉痛とかではなく、
筋や関節を痛めてしまい、
動かすことができなくなってしまうことです。

筋肉痛は多少無理しても問題ないのですが、
「故障」してしまったら休むことが最優先です。
なかなか治らないですし、最悪の場合「疲労骨折」につながることもありますから。

運動前後に準備運動を軽くでもよいので必ず行い、
更に運動後にしっかりストレッチをしてください。
人によって弱点というか痛みやすい場所が違うのですが、
アキレス健や股関節は最低限しっかり伸ばしましょう。

今の時期はあまり心配ないですが、
寒い日は特に注意が必要です。
筋肉が固くなり、故障しやすくなるのです。
なるべく足を冷やさないよう、
長ズボンをはく、毛布をかける等意識してくださいね。

あと、しっかり入浴することも効果的です。
ぬるま湯でなるべく長めに浸かり、
身体の芯まであったまったな、
と感じるくらいまで入りましょう。

そして、
入浴後の温まった身体で行うストレッチは更に効果的です。

 

身体をしっかり気遣って過ごしましょうね♪

【予防医療】糖尿病を理解しよう!看護ケアに活かそう!⑥危険な合併症について「①神経障害」

投稿日:

前回、糖尿病の危険な合併症についてお話しましたが、

今回から一つずつ、詳しく取り上げていけたらと思います。

そこで今回は、糖尿病が引き起こす、「神経障害」についてお話致します。

まず、神経とは、脳が送る命令を体に伝えたり、逆に体から脳へ情報を送る大事な役割を果たしています。

その神経を大きく二つに分けることができます。

脳と脊髄から構成されている太い「中枢神経」とそこから枝分かれして体の隅々にまではりめぐらされている「末梢神経」の二つです。

このうち、糖尿病で阻害されるのは、後者の「末梢神経」になります。

この「末梢神経」を更に細かく「感覚神経」「運動神経」「自律神経」と分解し、それぞれに糖尿病がどう悪影響を与えていくのか、説明していきます。

・感覚神経→熱い、痛いなどを感じる神経で、高血糖が続くとまずこの「感覚神経」に症状が現れます。手足に痛みを感じたり、しびれを感じたりします。それらが、しだいに足先からひざへ、手先からひじへとひろがっていきます。これが更に進行すると神経そのものが麻痺し、感覚がなくなることで、けがややけどに気づかずに悪化させ、壊疽に発展し、最悪の場合、切断をしなければならないこともあります。

・運動神経→上記の感覚神経の症状が進行すると、こちらの「運動神経」も阻害され、力が入りにくくなったり、目を動かす神経に麻痺がおこることで物が二重にみえたりするようになります。

・自律神経→自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器など、生命を維持する為に働き続けている神経です。なのでこちらに障害が起こると、さまざまな不調があらわれます。例えば、胃のもたれ、下痢、不整脈、疲れがとれない、だるさ、などなど。

 

以上が、糖尿病による合併症の「神経障害」の説明になります。

「神経障害」と診断されたら、医師の指導のもと、しっかり血糖値をコントロールし、改善に努めてください。

気を付けて頂きたいのは、「神経障害」が進行すると、痛みを感じなくなることから治ったと勘違いして治療をおろそかにしてしまうことです。

自分で判断せず、しっかり医師のもとに通い、改善に努めましょう。

【予防医療】糖尿病を理解しよう!看護ケアに活かそう!⑥危険な合併症について

投稿日:

前回まで三回に渡り、糖尿病の治療について説明させて頂きました。

次回からは、このブログの第一回目でも説明した、

糖尿病の危険な「合併症」について、

一つ一つもっと詳しくしっかり説明できれば、と思います。

その糖尿病の合併症というのは、「三大合併症」ともいわれる

・網膜症

・腎症

・神経障害

以上の三つとなります。

糖尿病によるこれらの合併症がどれほどまでに危険なものなのか、いくつか例を上げて説明しますと、

例えば、成人の失明の原因の第一位は、この糖尿病による網膜症です。

そして、腎不全による人口透析を行っている人の三分の一は、糖尿病患者と言われています。

また、糖尿病があることで動脈硬化症が起こりやすくなってしまうことも挙げられ、それに起因して、脳梗塞、白内障、緑内障、心筋梗塞・・・などなど

これだけ危険で深刻な問題となっております。

これらのことを次回から三回に分けて、

・「神経障害」

・「動脈硬化」

・「その他の合併症」

と詳しく説明できればと思います。

それでは、また次回からよろしくお願いします!!

【看護学校】②社会人から看護師へ★なるブログ★

投稿日:

 

【看護学校の金銭事情】

 

とはいうものの、

何から手を付けてよいのか

全くわからない状態でしたwww

 

そこで、まずは本屋へ駆け込みました。

すると、私がいち早く看護師になるには

 

①看護大学へ進学(4年制)

②看護専門学校へ進学(3年制)

 

の2パターンあることを知りました。

 

そして、最も心配したのは金銭面でした

当時は貯金など、ほとんどありません

毎日を生きるのに精一杯でしたwww

 

学費を調べていくと、

看護大学へ進学すると1年あたり100万円、

 

つまり4年間通うと400万円近くかかることを知りました。

これは、無理だ。

 

すぐに諦めました。

 

そして、専門学校へ進学すると

安くて月3万円、年間36万円でいけることを知りました。

 

専門学校なので、3年で108万円です。

 

しかし、専門学校にも高いところはあって、

このように学費が安いところは競争率も激しいのです。

その学校の一般入試の倍率は、当時5倍でした。

5倍といっても、一般入試なので、

 

バリバリの現役高校生達と競争する必要がありました。

 

 

もちろん社会人入試枠というものもありましたが、

社会人入試には色々な決まりがあって

その学校がある市民でないといけない

且つ、社会人経験〇年以上

など細かい決まりがあるのです。

そして何よりも、競争率は当時20倍と、

 

一般入試の4倍にもなる狭き門でした。

 

 

そんなこんなで、

 

看護専門学校の一般入試狙いでいく!

 

と決めました。

 

続きは

③社会人から看護師へ★なるブログ★

 

【趣味】仕事と両立★ランニングのすすめ★⑤走り方について

投稿日:

前回、大会でエントリーしてみましょう!
と投げかけましたが、何かエントリーしてみましたか??

住んでいる都道府県にスペースしてランニング大会とかマラソン大会とか
検索すればいくらでもでてくると思います。
なければ、近くの都道府県での検索もしてみましょう。

私もハーフマラソンにエントリーしてみました。

それに向けて練習しているわけなのですが、
周りみてるとけっこう走るフォーム意識している人多いし、
ランニング関連の雑誌とか
フォーム解説してるもの多いですよね、、

これこそ自論になって賛否両論あるかもしれないですが、
素人が雑誌の情報のみでフォーム改善するのって至難の業なんじゃないかと思います(^▽^;)

身体の軸をしっかりさせるために筋トレするのはわかりますが、
走り方そのものを意識して変えていくって難しすぎます、、
変に意識して逆に悪いフォームになってしまうリスクのほうがこわいです。

余計なことを考えず、
まずは長い距離を、長い時間を、走れるようになることに集中すべきです!
走っていれば自然に身体が走ることに慣れてきて、よいフォームになっていきますからね。

また、良いフォームを目指すなら、
走る場所を工夫するのは「○」です。

ただ平坦の場所を走り続けるのでなく、
上り坂・下り坂に富んだアップダウンの多いコースや
芝生のある公園とかそれこそ山の中など。

このようなところで走ると、その場に応じた走り方が身に付き、
自然と良いフォームになりますね♪

【看護学校】①社会人から看護師へ★なるブログ★

投稿日:

【はじめに】

 

看護師になりたいと思ったことはありますか?

 

 

私は社会人経験を経て、看護師になりました。

看護師を目指したきっかけは、ある知人の一言でした。

 

 

「看護師になるのは社会人になってからでも遅くない」

 

 

はじめは、聞き流していました。

しかし時間が経つにつれ、自分でも本当に看護師になれるのかな?

と希望を持ち始めました。

 

というのも実は、数年前に入院したことがきっかけで

 

看護師に強い憧れを抱いていたのです。

 

しかし、一度社会人になってからなれるはずがない

と思い込んでいました。

 

けれども、知人の一言で将来を真剣に考え始めました。

 

なぜなら当時の仕事に対する将来的な不安があったからです。

 

バリバリの営業ウーマンだった私は、

朝の7時に出社して夜の0時に帰宅する日々を過ごしていました。

そのため今後、結婚し妻となり子どもを授かった時

 

この仕事は一生続けていけるのか?

 

 

と自問自答しました。

 

 

私の出した答えはNOでした。

 

 

看護師になればきっと自分のライフスタイルにあった働き方ができる

そう考えました。

そう信じて、看護師を目指すことになったのです。

 

まずは看護師になりたいという強い意志が大切なのです。

 

続きは

②社会人から看護師へ★なるブログ★へ

 

 

 

 

 

3人ママの(1人難聴児)のナースライフバランス

投稿日:

【家庭と仕事の両立】

 

 

再就職へ向けて1歳の息子を抱えて次に起きたのは…

 

 

 

なんと

第2子の妊娠でした!!!!

 

 

 

せっかく動き出したのに、

これでまた就職はできないということになりそうです。

 

 

再び看護師として働きたい私の気持ちを諦めていいものか、どうか…

そう思っているうちにつわりを感じるようになり、就職活動とは少し距離ができました。

 

 

せっかくお願いしようとしていた保育園もキャンセルしてしまいました。

 

 

 

それでも雇用保険の手当てをもらうために
表向きの就職活動をする必要がありました。

 

 

「看護師就職セミナー」

 

履歴書不要
服装自由

みたいな就職セミナーです。

 

 

 

こんな人が多く集まるイベントなら、気の使わないしまあいいか。と参加することにしました。

各ブースを遠くから眺めているような状態でしたが、

 

あるブースから声がかかりました。

「家はどこ?」

「◯◯市ですが。」

「あら、近くじゃないですか?!まあまあ座って。」と

 

 

本当にたまたま、家の近所の病院に声をかけられたわけです。

そして、話しているうちになんだか就職しないといけない感じになってきます。

 

これって、正直に話してみるしかない。妊娠のことを報告すると・・・

 

【予防医療】糖尿病を理解しよう!看護ケアに活かそう!⑤【糖尿病治療】運動療法

投稿日:

糖尿病治療において
「食事療法」と「薬物療法」の説明をしてきました。
今回は「運動療法」について説明します!

前回、「薬物療法」をする前提として「食事療法」の話をしましたが、
この食事療法に今回説明する「運動療法」を取り入れると
より効果的と言われています。

なぜなら「運動療法」を行うことで、
糖尿病の原因ともなる肥満を解消するだけでなく、
インスリンの働きを促進して、血糖値をさげる役割もあるからです。

更に、血液の循環を良くしたり、血圧を下げたり、気分転換にもなり、、等々
つまり、身体の調子を整える為にも効果的なのです。
ぜひ、取り入れていきましょう!!

取り入れる運動については、
早めのウォーキング、ジョギング、自転車など
全身の筋肉を使う有酸素運動になります。
少し汗ばむ程度の内容で構いません。毎日続けることが大事なのです。

時間がない方は、日常生活でなるべく歩くことを意識するだけでも違ってきますよ!
階段を使うのを心掛けたり、いつも降りる駅の一駅手前で降りて歩く等、工夫していきましょう。
また、食後1~2時間後の血糖値が上がるタイミングで行うとより効果的です。

ただ注意点もあります。
行う前に必ず主治医に相談して指示をもらってください。
その人の症状によって、取り入れると悪化する場合もあるからです。
高血圧や心臓病など持っている人は特に要注意です。

 

以上の点、必ず確認した上で行ってくださいね。

【予防医療】糖尿病を理解しよう!看護ケアに活かそう!④【糖尿病治療】食事療法

投稿日:

前回、「薬物療法」についてお伝えしましたが、
糖尿病治療には前提として
「食事療法」と「運動療法」
が必須となります。

今回はそのうちの
「食事療法」
についてお伝えできれば、と思います。

「食事療法」は糖尿病治療の基本中の基本となります。
とはいっても何か特別なことをするわけではありません。
ちょうどよい食事量をバランスよく摂取するだけです!
ただ意識しないと、
どうしても食べ過ぎたり、偏った食事になってしまいます。
気をつけていきましょう。

そのちょうどよい食事量をバランスよく摂取する上で気をつけてほしいことをお伝えしますね!

①一日三食とる
一日のトータルとして、適切な量・バランスがとれていればよい訳ではありません。
規則的な食事をしていることが前提となります。
一食抜いたりすると、次に食事を摂取するとき、急激に血糖値があがることがあるので注意です。

②脂肪・塩分・アルコールに注意
・肥満の原因となる脂肪の摂りすぎは要注意です。肥満はインスリンの働きを弱め、血糖値を上昇させてしまうからです。
・塩分も控えめにお願いします。高血圧につながり、動脈硬化の原因ともなります。
・合併症がなければアルコールを飲んでもかまいません。ただ少量です。

③食物繊維を十分に
血糖値の急激な上昇を抑える為です。
食事の際、食物繊維を一緒に摂ると、消化・吸収に時間がかかるようになるからです。

 

このように
特に難しいことを言っている訳ではありません。
ただ、毎日意識して続けることが重要になります。

 

継続して取り組んでいきましょう。