働き方の変え方

子ども好き看護師必見!保育園で働く6つの魅力

乳児と遊ぶ保育士

看護師が活躍する場所には、医療施設のほかにも様々なところがあります。なかでも保育園で働く看護師をご存じでしょうか?
子ども好きな方でも、実際の仕事内容を知る人は少ないかもしれません。

今回、保育現場で働いた経験のある筆者が、その魅力をお伝えします。

なぜ保育園に看護師が必要なのか

そもそもどうして保育園に看護師が必要なのでしょうか。

実は専門職である看護師は、子どもたちが健やかに成長する場所をつくるために必要な存在。医療者が怪我や体調不良時の処置を行うことで、子どもや保護者の安心につながります。

また増加傾向にある食物アレルギーの対応、成長発達過程の把握や安全管理など、看護師が必要とされる場面はたくさんあるのです。

保育園ならではの魅力を徹底解説

保育園で看護師として働くと、どんな魅力があるのでしょうか。

病院との違いに戸惑いつつも、大好きな子どもたちに囲まれ、やりがいをもって楽しく働くことができます。

私が考える魅力を、6つご紹介します。

① 笑顔あふれる職場

笑顔の子供達

毎日、子どもたちのとびきりの笑顔と元気に癒されます。
出勤すると「先生、おはよう!」と大きな挨拶に迎えられます。

保育の準備をしている間、「遊んで!」「絵本読んで!」とそばで待ち構えている乳児クラスの子、「昨日○○したんだよ、それでね…」と楽しいお話をたくさん聞かせてくれる幼児クラスの子。

可愛い子どもたちに囲まれ、毎朝たっぷりエネルギーをチャージ。
こちらも自然と笑顔がこぼれます。

② 成長を実感する喜び

子どもたちの健康管理はもちろん、成長にも関わります。

「あんよができるようになったね」「おまるが使えたね」「お友達に譲ることができたね」と、日々の成長ぶりに毎日驚かされます。

なかでも看護師は、体調不良やアレルギーをおこしやすい0歳児クラスの保育補助を担うことが多いのですが、その日々の変化には特に目を見張るものがあります。

保護者の方とも、送迎時のやり取りや行事ごとを通してその喜びを共有しています。

③ 先生として慕われる

笑顔の保育士

最初は慣れない「○○先生」という呼ばれ方、少し照れくさい感覚です。

子どもたちからすると、看護師は怪我や病気をみてくれる特別な存在。

1、2歳の小さな子どもでもなんとなく理解していて、ちょっとした怪我を自ら教えに来てくれることがあります。
そして怪我をみて話を聞いてもらうと、「看護師の先生にみてもらったから大丈夫!」と満足したように遊びに戻っていきます。

その信頼が嬉しいと同時に、責任に身が引き締まります。

④ 専門職としてのやりがい

保育園における看護師の配置人数は、一つの園にひとりが基本です。

怪我や病気の対応をはじめ、衛生管理や環境整備、感染予防について専門職としての意見を求められます。
ときには園児への保健指導や、保育士向けに講習を行うことも。

また要支援児のサポートも行います。
私が勤めていた保育園には、障がいがあってリハビリ施設に通う子がいました。
私は園長に許可をもらい、リハビリに同行。その内容を園内で共有することで施設との連携を図りました。

このように、自分の着眼点と取り組み次第で、様々なかたちで専門性を活かすことができます。

⑤ 子育て経験が活かせる

ミルクを飲む乳児

子育て経験がある人は、それを業務に大いに活かすことができます。

また、小児感染症や衛生面、成長発達の過程など、自分に子どもができたら役立つと感じる学びがたくさんあります。

⑥ プライベートとの両立

勤務は日勤のみで、日曜日と祝日はお休み。

私は生活リズムが整って体調がよくなりました。また休日の予定が立てやすくなり、QOLの向上を実感。

私生活が充実してこそ、仕事でもベストのパフォーマンスを発揮できるものです。

まとめ

保育園で働いていると、医療施設で働く時とは違う魅力がたくさん見つかります。

興味のある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
岡本 恵海
1989年生まれ。滋賀県出身。 看護師9年目、大学病院や保育園勤務を経験。転職活動に失敗した経験や、新型コロナウイルスの影響で大きく変動する医療業界を目の当たりにしたことから、セカンドキャリアを模索し始める。 現在は、新たなスキルを身につけるため、ライターに挑戦中。自分らしく働くことを目指している。趣味は写真と旅行。