働き方の変え方

アラフィフナースの新しい働き方の挑戦 ~何歳からでもスタートできる~

新型コロナウイルスの影響で世界が大きく変化し、私たちの生活スタイルも新しいものに変わりつつあります。同時に、医療者である私たちの働き方にも変化が起こっています。

世の中の変化に合わせ、今までの経験を発揮させたい、そしてこれからの看護師人生を充実させたい

そんな思いで始めた看護師ライターという仕事。

今回アラフィフナースである筆者が、新しい働き方への挑戦し始めたことについてお伝えします。同世代で働き方に悩むナース必見です。

仕事の本音

私の今までの働き方というと、慌ただしく1日が過ぎていくという毎日でした。時間をさかのぼって状況を思い出し、確認もれや申し送りもれがないかと、常に自分自身の頭を整理していました。

仕事量や役割が多く、自分の器以上になっていないかいつも考えてしまいます。結局は精神力で乗り切るパターン。世代のお陰でしょうか?同じ世代の方、心当たりはありませんか?

看護師ライターという新たな働き方との出会い

体力が無くなってきているという現実を受け止め、コロナ禍の中で働き方を振り返ってみました。

毎日ヘトヘトで、帰宅する時にはグッタリ。このような働き方では限界を考え、ある程度の余裕がある働き方を模索し始めます。

こんな考えをしていると、看護師以外の仕事が魅力的に見えることもたくさんあります。でも、長い間培ってきた経験や看護観を無駄にしたくありません。

そんな時にSNSで見つけたのが「看護師ライター養成講座」です。その瞬間の興奮は今も忘れません。「これだ!」と。

アラフィフからの挑戦

直感を大事にし「ノリと適応能力は20代や30代に負けない」という意気込みで、ライターという働き方にトライしてみました。

思いや経験を言葉にして表現できるライターってカッコいい、ライターとして輝きたい、そんな密かな思いも!

看護現場とは違う感覚で、自分が輝けるスキルを増やすことができるのは素敵なことです。柔軟なフットワークで、勇気を出しての挑戦。

この記事が私のデビュー作です。もちろん、まだ文章は上手に書けません。何度も何度も見てもらって、何度も何度も書き直してきました。それでも、こうやって世の中に出すことができました。

そうです、アラフィフでもスタートできたんです。私がスタート出来たんだから、あなたも出来ます。

自分の価値を知る

看護師ライターへのチャレンジと同時に、自分自身の価値についても見つめ直してみました。

・どんな経験が必要とされているか
・自分にしかできないことはなにか
・言葉にして伝えたいことはなにか

このような質問を自分にすることで、少しずつ自分のことがわかってきました。自分を知った上で、人の役に立つ情報発信ができれば、信頼と価値に繋がるのではないかと考えます。

信頼を積み上げる大変さと大切さは、同世代のみなさんはよくご承知ですよね。自分の価値は、いままで奮闘してきたことそのもの。長い道のりがギュッと凝縮されています。自分を知ることは、人生を変えることかもしれません。同世代のみなさん、自分のことを知って、これからの人生を考え直してみませんか?

まとめ

「働き方は人生を大きく変えるかもしれない、大切なもの。たった一度の人生、どんな夢も叶えたい。なりたい自分になりたい」

その思いで、私は動き出しました。

次はあなたの番です。同世代のあなたに、このエールが届くことを願っています。
ABOUT ME
美紀
「マザーテレサ」の言葉が好きなアラフィフナース。 1971年生まれ。東京都出身。 看護師歴27年。内科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、採血室、療養、企業医務室などを経験。 分子栄養学について情報収集しながら、ワークライフバランスについて模索する。現在は就活中。 テレビで話題の「やっぱ愛やろ」のフレーズがマイブーム。 【資格】 看護師  日本フラワーレメディーセンターベーシックレベル終了 小児看護基礎知識講師 両立支援コーディネーター研修終了